守り髪トリートメントの成分|危険性は大丈夫?

守り髪トリートメントは、トリートメントの中でも希少なノンシリコントリートメントです。シリコンが入っていないということで髪内部の傷みを改善することが期待できます。

そんな守り髪トリートメントにはどのような成分が含まれているのでしょうか?

  • 危険な成分は入っていない?
  • どの成分が有効なの?

といったような事を紹介していきたいと思います。

 

守り髪トリートメントの全成分

守り髪トリートメントの全成分はこちらです

水・ベヘニルアルコール・パルミチン酸イソプロピル・PEG-10ヒマワリグリセリズ・ステアリルトリモニウムブロミド・ステアリン酸グリセリル・BG・イソプロパノール・ラノリン・セラミド2・セラミド3・セラミド6Ⅱ・γ-ドコサラクトン・クオタニウム-18・クオタニウム-33・ベヘントリモニウムクロリド・加水分解ケラチン(羊毛)・加水分解シルク・加水分解コラーゲン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・メドウフォーム-δ-ラクトン・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ポリクオタニウム-10・アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl・アルガニアスピノサ核油・センブリエキス・オタネニンジン根エキス・ヒキオコシ葉/茎エキス・クララ根エキス・トウキンセンカ花エキス・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・カミツレ花エキス・フユボダイジュ花エキス・ヤグルマギク花エキス・ローマカミツレ花エキス・アラントイン・グリチルリチン酸2K・フィトステロールズ・トコフェロール・オリーブ油・シア脂・コレステロール・イソステアロイル乳酸Na・ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル・プロパンジオール・ペンチレングリコール・エタノール・PG・塩化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

見た感じでは特に和水成分を与えるような成分が見られませんでした。

 

守り髪トリートメントは以下の効果に期待ができます。

  • 指通りの良さ
  • ツヤを与える
  • 髪を丈夫に補強する
  • 髪に保湿を与える

成分をみたところ、守り髪トリートメントは、特定の効果に発揮できるというよりは、まんべんなく効果を発揮し誰でも使いやすいバランスの良いトリートメントというように感じました。

実際に守り髪トリートメントを使用した人の口コミでも定評を受けていました。

 

そもそも守り髪シャンプー&トリートメントは、カラーリングや紫外線などによって傷んだ髪を改善するのが目的のシャンプー&トリートメントです。

守り髪トリートメントは外部からの刺激をバリアする効果も期待でき、即効性や持続性も持ち合わせている使いやすい商品だと思います。

 

守り髪トリートメントには防腐剤が含まれている

防腐剤に過敏に反応する方が多いので念の為説明しておくと、守り髪トリートメントには防腐剤が含まれていました。

  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • プロピルパラベン

成分表示では一番うしろに記載されていましたのでごく少量ずつ配合されていると考えられますので、安全性は高いと言えるでしょう。

よく「髪の毛にパラベンは良くない」といった記載をしているサイトがありますが、パラベンは何十年も前から使用されている安全な防腐剤ですので、そこまで気にする必要はないのかな?といったのが私の正直な感想です。(守り髪シャンプーにもパラベンは含まれています)

守り髪トリートメントの口コミについて暴露