トリートメントとコンディショナーとリンス違い|守り髪はどれに該当?

守り髪は紫外線やカラーリングによって傷んだ髪を改善出来るシャンプー&トリートメントです。

  • トリートメントとコンディショナーとリンスの違いってご存知でしょうか?
  • 毎日使う日常品であるシャンプーやトリートメントはどれを選べばいいのか?

今回は守り髪トリートメントのコンディショナーとリンスの違いや特徴も紹介していきます。

 

トリートメントの効果とは?

トリートメントの効果の目的としましては、髪の毛の内部に美容成分や栄養成分を浸透させてダメージ補正を修復することです。

コンディショナーの効果とは?

コンディショナーの効果の目的は、髪の毛の表面を保護して髪の毛のキューティクルを整えることです。

リンスの効果とは?

リンスの効果の目的はコンディショナーと変わらず、髪の毛の表面を保護して髪の毛のキューティクルを整える目的があります。リンスというのは日本でしか使われていない名称で、石鹸で髪の毛を洗っていた昔の時代に髪の毛を整える目的で生まれたのがきっかけです。

 

守り髪はトリートメント!

守り髪トリートメントは名前の通り、トリートメントです。

傷んだ髪の毛の内部に美容成分や栄養成分を浸透させることでダメージ補正をして修復する期待ができます。

 

トリートメントとコンディショナーは併用OK?順番は?

守り髪トリートメントは傷んだ髪の毛の内部をケアすることができるシャンプーでしたが、髪の毛の表面のケアもしたいですよね?

髪の毛の表面をケアすることが出来るコンディショナーとの塀お湯はOKのなのでしょうか?

結論を言うと、トリートメントとコンディショナーは併用しても問題ありません。

併用する際の順番としましては以下の順番で使用して下さい。

  • シャンプー
  • トリートメント
  • コンディショナー(リンス)

髪の内部をケアして補修した後に髪の毛の表面をコーティングするという流れになります。

これは守り髪トリートメントをしたらコンディショナーをしなければいけないということではなく、併用すると効果的ですよという意味でもあります。

特に守り髪トリートメントはノンシリコンですので髪がパサつく感じるかもしれません。仕上がりに不満があるようでしたらコンディショナーで髪の表面をケア保護してみても良いかもしれませんね。

使用上の注意点としましては、トリートメントとコンディショナーは長時間髪の毛につけて放置しないで下さい。

良く「髪の毛につけて数分放置する」といった使い方を紹介しているサイトがありますが、必要以上に髪の毛に触れさせたままですと逆に髪の毛に悪影響を与える恐れがありますので注意が必要です。

 

市販のトリートメントの選び方

市販のトリートメントを選ぶときは、できるだけナチュラルなものを使用しましょう。
おすすめは自然由来のオーガニックタイプやノンシリコンタイプのトリートメントです。
避けた方がよいトリートメントは、シリコンが入りすぎたものです。
トリートメントが頭皮に張り付いてしまい、ベタつきやニオイの原因になることがあります。

けど種類豊富なトリートメントの中で、自分の髪質やダメージには何が合っているのかって自分では判断がなかなかつかないですよね。
そういう場合は美容院に行ったときに相談することをおすすめします。
髪の毛のプロである美容師さんが、あなたにピッタリのトリートメントを紹介してくれると思いますよ。

 

守り髪トリートメントが必要ない人とは?

守り髪トリートメントは髪の毛を柔らかくするトリートメント成分が配合されていますので、元々毛が柔らかい人には、守り髪トリートメントは必要ありません

もう一つ注意して起きたいのが、髪の毛が傷みすぎている場合トリートメントの効果を最大限に発揮できない可能性があります。トリートメントでの改善ではなく、美容院に一度行く事をおすすめします。

守り髪トリートメントの口コミについて暴露